1967年/ベルギー/91分
脚本:イエジー・スコリモフスキ、アンジェイ・コステンコ
撮影:ウィリー・クラン
編集:ボブ・ウェイド
音楽:クシシュトフ・コメダ
出演:ジャン=ピエール・レオー、カトリーヌ=イザベル・デュポール、 ジャクリーヌ・ビル、ヨーン・ドブリニーネ


ゴダール『男性・女性』(66)の主演俳優ジャン=ピ エール・レオーとカトリーヌ=イザベル・デュポール、 同作の撮影監督ウィリー・クラントを迎えて製作され た、ほろ苦く切ない青春映画。疾走するスポーツカー とクシシュトフ・コメダのメロディアスなジャズ、ブ リュッセルの街並みと瑞々しくとらえた画面と若い男 女の間に芽生える淡い恋心。ポーランド人監督の手 になるベルギー製“ヌーヴェル・ヴァーグ”映画とでも 呼ぶべき一編。
1978年/イギリス/86分
原作:ロバート・グレイヴズ
脚本:マイケル・オースティン、イエジー・スコリモフスキ
撮影:マイク・モロイ
編集:サイモン・ホランド
音楽:アンソニー・バンクス、マイケル・ラザーフォード、ルパート・ハイン
出演:アラン・ベイツ、スザンナ・ヨーク、ジョン・ハート、ティム・カリー


オーストラリア先住民から人を叫び殺す呪術の能力 を授けられた男が音楽家夫婦の日常に闖入し、彼ら の平穏な生活をかき乱し始める……ロバート・グレイ ヴズの短編小説に基づいて作り上げられた幻想映 画の怪作。逸早くドルビーシステムが本格的に採用 された映画の一本としても知られる。アラン・ベイツ、 スザンナ・ヨーク、ジョン・ハートら英国実力派俳優の 競演、編集のマジックを駆使して練り上げられた特 異な叙述構造にも注目。
1982年/イギリス/97分
脚本:イエジー・スコリモフスキ
撮影:トニー・ピアース・ロバーツ
編集:バリー・ヴィンス
音楽:スタンリー・マイヤーズ、ハンス・ジマー
出演:ジェレミー・アイアンズ、ユージーン・リビンスキ、 イジー・スタニスラフ、エウゲニウシュ・ハチュキェヴィチ


独立自由労組“連帯”の勢力拡大を弾圧するべく、 1981年12月にポーランド全土に戒厳令が敷かれた 事件にインスパイアされ、急遽作り上げられたサス ペンスフルな傑作。ロンドンに不法滞在しながらとあ るフラットのリフォーム作業に明け暮れる四人のポー ランド人を描いた物語には、当時ロンドンに本格的 に移住したばかりだったスコリモフスキの実体験が 色濃く投影されている。ジェレミー・アイアンズにとっ て最初期の映画主演作。
2008年/フランス=ポーランド/87分
脚本:エヴァ・ビャスコフスカ、イエジー・スコリモフスキ
撮影:アダム・シコラ
編集:ツェザリ・グゼシュク
音楽:ミハウ・ロレンツ
出演:アルトゥル・ステランコ、キンガ・ブレイス、 イエジー・フェドロヴィチ、レドバト・クリンストラ、ヤクプ・スタノフスキ


1991年以来約17年のブランクを経て久々に作り上 げられた監督作。偶然レイプの現場を目撃したばかり に加害者の嫌疑をかけられ収監された内向的な中年 男レオンが、出所後に自宅の向かいに建つ看護婦寮 の部屋を覗き始める。そこにはレイプの犠牲者アンナ が住んでいた。やがてレオンの行動は徐々にエスカ レートしてゆき……時系列を錯綜させる入り組んだ語 り口を通じて浮かび上がる、なぜか観る者の胸を打つ 奇妙奇天烈な「愛」の物語。
2010年/ポーランド=ノルウェー=アイルランド=ハンガリー/83分
脚本:エヴァ・ピャスコフスカ、イエジー・スコリモフスキ
撮影:アダム・シコラ
編集:レーカ・レムヘニュイ
音楽:パヴェウ・ミキェティン
出演:ヴィンセント・ギャロ、エマニュエル・セニエ、ザック・コーエン


三人の米兵を殺害したタリバン構成員が、米軍の追 跡をかわしつつ必死の逃走を続ける姿をひたすら見 つめることに徹したシンプル極まりない異色作。主演 は、スコリモフスキと同じく自作自演映画の製作で知 られるマルチアーティストのヴィンセント・ギャロ。共 演は、監督の長年の友人ロマン・ポランスキーの夫 人エマニュエル・セニエ。台詞をほぼ全面的に排除 した大胆な作劇と、氷点下の雪原におけるギャロの 捨て身のアクションは圧巻。